はじめての方は必見!太陽光発電について、正しく知って理解を深めよう。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電とは、太陽からの光エネルギーを直接電気エネルギーに変えて電力として利用する発電方法を言います。いわゆる、再生可能エネルギーの一種で、ソーラー発電とも呼ばれています。太陽光発電装置は、今まで一般には、導入時の初期費用が高額とでしたが、数々のメーカー間の競争によって性能向上と低価格化や施工技術の普及も進み、運用と保守の経費は安価であるため、国内やもちろん、世界的にも、その需要が拡大してきています。

電力消費が多い昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減できるので、地球環境問題が大きく取り沙汰されてきた近年、注目を浴びています。二酸化炭素排出を抑え、低炭素社会の成長産業として期待されているのです。

太陽光発電は、屋根に太陽光モジュールと呼ばれるソーラーパネルを設置して、太陽の光をパネルによって電気エネルギーに変換するのです。生み出された電気エネルギーは、家庭の照明器具や家電の電気として、使用されるので、普段電力会社から電気を買う必要がなくなり、さらに、発電して余った電力は電力会社に買い取ってもらうこともできるのです。電気を自給自足といっても太陽が出ていない夜や、天気が良くなくて、太陽が出ていない時などは、従来どおり電力会社から電気を買うこともできるので、安心です。発電して余った、売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作は要りません。月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。

太陽光発電って、どのくらいのエネルギーを生み出すことができるのか、想像がつかない方も多いと思います。地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kWと言われています。もし、地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、 しかも、太陽は、半永久的な存在であるため、枯渇する心配がありません。現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうものですし、輸入先の国との外交関係が悪化するなど、人的な要因で途絶えてしまうこともあるでしょう。太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つなのです。

また、地球に優しいということも、大きな特長のひとつです。発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にはまったく排出しませんし、原子力発電のように、原子力廃棄物を排出することもありません。エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されています。